羽アリは効率的に駆除していこう!コツと対策を伝授

見つけた場合の対処法

ハネアリ

特徴を知って判断する

夏場になったら突然羽アリが大量発生して、驚いた事がある人もいると思います。羽アリというのはクロアリやシロアリなどのオスと女王アリの事を言います。これらの羽アリが夏場に表に出てくるのは、交尾の相手を探すためです。実はクロアリとシロアリは分類上まったく別種で、クロアリは蜂の仲間なのに対し、シロアリはゴキブリの仲間です。そしてシロアリは木造建築にとって天敵であることは、周知の事実です。なので羽アリが家に現れたら、まずはクロアリなのかシロアリなのかを確認する事がポイントになります。もしクロアリなら放っておいて構いませんし、シロアリであれば状況によって家に被害が出ているかどうかの確認も必要になります。まず羽アリの発生時期ですが、クロアリは種類ごとに細かく異なり、初夏に発生するグループ、盛夏に発生するグループ、秋から晩秋にかけて発生するグループがいます。一方シロアリは4月から7月頃が発生時期になるので、その時期を外れている場合には、クロアリと簡易的に判断できます。具体的な特徴による違いとしては、クロアリの方は胴体部分にくびれがあり、全体的に黒っぽい色をしています。また羽を広げた場合に、前後の羽の大きさが異なる特徴があります。端的に言ってしまえば、羽をとった場合にアリらしい姿をしていればクロアリの羽アリと見てほぼ間違いありません。一方シロアリの方は、胴体部分にくびれの無い寸胴で、色は茶色っぽい色味をしています。羽は広げた場合に前後がほぼ同じです。また触覚がまっすぐで数珠のように細かなつぶが連なっている形状をしているのが特徴です。もし確認した羽アリがシロアリのものであれば、どこから侵入してきたのかを確認します。外から侵入してきた個体であれば、その都度殺虫剤などで対処すれば問題ありません。もし部屋の隙間などから発生している場合には、業者に連絡をして被害が無いか点検をしてもらってください。

Copyright© 2018 羽アリは効率的に駆除していこう!コツと対策を伝授 All Rights Reserved.